【文化】十五夜の下 来宮神社「仲秋観月祭」

次は8年後

十五夜の19日夜、熱海市の来宮神社(雨宮治興宮司)で、「仲秋の観月祭・演奏会」が開かれた。

満月の月あかりの下、本殿前の石畳に設けられた舞台で、巫女が「豊栄(とよさか)の舞」に続き、箏曲「千鳥の曲」、管弦「太食調音取(たいしきちょうねとり)」が上演。演目の最後は舞楽「登殿楽(とうてんらく)」が飾った。

演奏後には、こがしまんじゅうが参拝者に振る舞われた。

雨宮宮司は建て替え中の参集殿の進ちょく状況を述べながら、「秋の夜長の虫の声とともに演奏を楽しんでほしい」と語った。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る