【文化】十五夜の下 来宮神社「仲秋観月祭」

次は8年後

十五夜の19日夜、熱海市の来宮神社(雨宮治興宮司)で、「仲秋の観月祭・演奏会」が開かれた。

満月の月あかりの下、本殿前の石畳に設けられた舞台で、巫女が「豊栄(とよさか)の舞」に続き、箏曲「千鳥の曲」、管弦「太食調音取(たいしきちょうねとり)」が上演。演目の最後は舞楽「登殿楽(とうてんらく)」が飾った。

演奏後には、こがしまんじゅうが参拝者に振る舞われた。

雨宮宮司は建て替え中の参集殿の進ちょく状況を述べながら、「秋の夜長の虫の声とともに演奏を楽しんでほしい」と語った。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る