【編集室】観賞するなら夜7時からがお勧め、夏の夕方を待って咲く「待宵草」

熱海梅園で弓のような上弦の月に照らされて「待宵草(マツヨイグサ)」がひっそりと咲いている。夏の夕方を待って咲くからことからこの名が付き、翌朝にはしぼんでしまう。一夜限りの可憐な花で、しぼむと黄赤色に変わる。熱海梅園では夜7時ごろから見ることができる。
大正浪漫を代表する詩人・竹下夢二は「宵待草」で「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」と詠んでいる。植物上の名称が「待宵草」。「宵待草」は通称で同じ花。
ちなみにほぼ同じ花で白色の花が月見草。太宰治の小説「富獄百景」に「富士山には月見草がよく似合う」の名文句が登場するが、この月見草は黄色い花で実は「待宵草」だった。
(熱海梅園取材班)

IMG_6073ss花 月 朝 最後

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-26

    10月1日から「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」展 MOA美術館

    MOA美術館は10月1日から11月10日まで所蔵展覧会「北斎 冨嶽(ふがく)三十六景」を開催する。…
  2. 2020-9-25

    藤曲敬宏氏、県議会で代表質問 リニア問題で川勝知事と舌戦 

    静岡県議会9月定例会は9月25日、藤曲敬宏(自民改革会議)、伴卓(ふじのくに県民クラブ)の…
  3. 2020-9-24

    熱海銀座の飲食店で20代5人が食中毒 9月7日利用者、サルモネラ菌検出

    静岡県は9月24日、熱海市銀座町の「熱海銀座おさかな食堂」(夜は、おさかな酒場)を9月7日に利用し…
  4. 2020-9-24

    【お悔やみ】太田信雄さん(熱海市伊豆山)9月21日死去

    太田信雄さん(おおた・のぶお)9月21日死去、74歳。熱海市伊豆山。出棺26日午前11時、般若院。…
ページ上部へ戻る