【編集室】観賞するなら夜7時からがお勧め、夏の夕方を待って咲く「待宵草」

熱海梅園で弓のような上弦の月に照らされて「待宵草(マツヨイグサ)」がひっそりと咲いている。夏の夕方を待って咲くからことからこの名が付き、翌朝にはしぼんでしまう。一夜限りの可憐な花で、しぼむと黄赤色に変わる。熱海梅園では夜7時ごろから見ることができる。
大正浪漫を代表する詩人・竹下夢二は「宵待草」で「待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせなさ 今宵は月も出ぬそうな」と詠んでいる。植物上の名称が「待宵草」。「宵待草」は通称で同じ花。
ちなみにほぼ同じ花で白色の花が月見草。太宰治の小説「富獄百景」に「富士山には月見草がよく似合う」の名文句が登場するが、この月見草は黄色い花で実は「待宵草」だった。
(熱海梅園取材班)

IMG_6073ss花 月 朝 最後

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-8-15

    ウォーターパークが連日満員 お盆休みで混雑/ 熱海サンビーチ

    お盆休みの8月15日、熱海サンビーチは海水浴を楽しむ家族連れやグループで賑わった。大型海…
  2. 2018-8-15

    お供え物を川に流さないで 送り火専用のゴミ箱を設置/熱海市

    あす8月16日は送り火。お盆は家に迎え入れた先祖の好きな食べ物やお供え物を、盆棚(精霊棚)に…
  3. 2018-8-15

    熱海市街が激しい渋滞 Uターンラッシュ、バブル期以来の混雑

    お盆休みを熱海をはじめ、伊豆半島の東海岸の行楽地や帰省先から戻る車で熱海市内の道路の上りが8月15日…
  4. 2018-8-15

    熱海音頭で盆踊り 観光客と市民が踊りの輪/ 網代温泉「ふる里祭り」

    熱海市網代温泉の夏の風物詩「ふる里祭り・盆踊り」が8月14日始まり、初日はおよそ200…
ページ上部へ戻る