【観光】夏季花火大会の締めは年に一度の「2尺玉」、一発80万円也!

この夏最後となる熱海海上花火大会(熱海温泉ホテル旅館協同組合主催)が28日、熱海湾で開かれ、熱海では最大規模の直径約60センチ(2尺)の尺玉など5000発の花火が夜空を焦がした。渚親水公園やサンビーチには、年に1度のこの特大花火を見ようと2万7000人が繰り出した。「2尺玉」は重さ70kg。500メートル上空で爆発し、開花直系は約500メートル。料金も1発およそ80万円と破格。息を飲む大迫力にあちらこちらから歓声と拍手が起きた。あまりの大きさにカメラやスマホに収まらず、ため息も漏れた。
7回シリーズの夏季熱海海上花火大会はこの日で終了。次回は秋季海上花火大会として9月26日に開催される。
写真=「旅館立花」から撮影

赤緑 とりどり ピンク 赤 グリーン 2尺 藤曲2尺玉 大空中

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る