【社会】熱海市の敬老大会に980人 今年から畳敷きを止め椅子式に変更

熱海市の敬老大会が2、3日の両日、熱海後楽園ホテルで開かれた。2日は南熱海、泉、伊豆山の70歳以上のお年寄りが460人、3日は旧市内と初島の高齢者520人が出席、計980人のお年寄りが演芸や温泉入浴を楽しんだ。

市の敬老大会は昨年、5年ぶりに復活。前年度出席者の意見を取り入れて、畳敷きから椅子とテーブルのスタイルに変更。斎藤栄市長は「皆さんの長寿をお祝いするとともに、感謝の気持ちを示したい。日常の生活を忘れて、楽しい時間を過ごしてもらえればうれしい」と祝辞を述べた。

敬老大会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-23

    【社寺】御神船「両宮丸」網代を勇壮に渡御、「ヤーヤー」の掛け声響き渡る

    熱海市網代の阿治古神社(杦嵜賢宮司)例大祭・御神幸行列が7月23日挙行され、…
  2. 2017-7-23

    【経済】「にっぽん丸」熱海港入港、 仙台から花火観賞クルーズ

    豪華客船「にっぽん丸」(久保滋弘船長、全長166・65メートル、2万2472トン)が…
  3. 2017-7-23

    【イベント】ミス熱海「梅娘」梅澤美咲さん、巡視艇「いずなみ」一日船長

    スパマリーナ熱海第3桟橋を会場に7月23日、「マリンフェスタ・アタミ2017…
  4. 2017-7-22

    【観光】ウォーターパーク営業開始、 熱海サンビーチで安全願い神事

    熱海市観光協会は7月22日、大型海上アスレチック「ウォーターパーク」…
ページ上部へ戻る