【社会】熱海市の敬老大会に980人 今年から畳敷きを止め椅子式に変更

熱海市の敬老大会が2、3日の両日、熱海後楽園ホテルで開かれた。2日は南熱海、泉、伊豆山の70歳以上のお年寄りが460人、3日は旧市内と初島の高齢者520人が出席、計980人のお年寄りが演芸や温泉入浴を楽しんだ。

市の敬老大会は昨年、5年ぶりに復活。前年度出席者の意見を取り入れて、畳敷きから椅子とテーブルのスタイルに変更。斎藤栄市長は「皆さんの長寿をお祝いするとともに、感謝の気持ちを示したい。日常の生活を忘れて、楽しい時間を過ごしてもらえればうれしい」と祝辞を述べた。

敬老大会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-23

    イベント緩和 南熱海ロングビーチガールズ、長浜特設市でフラダンス披露 

    熱海市上多賀の長浜海浜公園・うみみえ~る長浜で9月22日、地元のフラグループ「南熱海ロング…
  2. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  3. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  4. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
ページ上部へ戻る