【社会】熱海市の敬老大会に980人 今年から畳敷きを止め椅子式に変更

熱海市の敬老大会が2、3日の両日、熱海後楽園ホテルで開かれた。2日は南熱海、泉、伊豆山の70歳以上のお年寄りが460人、3日は旧市内と初島の高齢者520人が出席、計980人のお年寄りが演芸や温泉入浴を楽しんだ。

市の敬老大会は昨年、5年ぶりに復活。前年度出席者の意見を取り入れて、畳敷きから椅子とテーブルのスタイルに変更。斎藤栄市長は「皆さんの長寿をお祝いするとともに、感謝の気持ちを示したい。日常の生活を忘れて、楽しい時間を過ごしてもらえればうれしい」と祝辞を述べた。

敬老大会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月16…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る