【市政】湯らっくすマラソン、中止から消滅へ 市長が明言

熱海市が1985年から3月に開催し、東日本大震災に伴う津波の心配から2012年大会を最後に開催を自粛している「熱海湯らっくすマラソン」が、このまま消滅することが分かった。8日の市議会一般質問で竹部隆議員の「市民のマラソン熱は高まっている。市内外から3000人以上が参加し、その応援家族を含めると経済効果も大きい。代替案はあるのか」の質問に斉藤栄市長が「安全面の問題から、代替案の検討は終了したものと考えている」と話し、ビーチラインコースを含め、市街では市主催のマラソンは開催しない考えを示した。
「高低差0メートルの海岸線を走る人気の大会であるが、地震発生時に参加者の安全を確保できない。代替案は①新たなコースにし、親水公園を起点に135号や市街地を走るコース②安全対策を考慮した上てビーチライン既存コースの2案を検討してきたが、両案とも参加者の安全面の確保などが解消されないことから、市は代替案の検討を終了したと考えている」と話した。市長はマラソン開催を有力な誘客の柱に位置付けながらも、運営体制や財政負担、安全面が担保されないことから、市主体のマラソン大会は開催せず、民間主体で長浜海浜公園で開催している「南熱海夕空絶景マラソン」を支援して行く方針を表明した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

竹部隆議員

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  2. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  3. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  4. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
ページ上部へ戻る