コロナと症状同じで混乱 熱海保健所管内でインフル患者 県内で今季初 

コロナと症状が似ているインフルエンザの流行が予想される中、熱海保健所管内でインフルエンザの患者が確認さたことが10月27日、分かった。静岡県内では今シーズン初めて。県は、県内139の医療機関からインフルエンザの患者数について毎週、報告を受けているが、10月18日までの1週間に、熱海保健所管内で「80歳以上」の患者の報告があったという。
新型コロナの初期症状は発熱やせき、喉の痛み、倦怠(けんたい)感など、インフルの症状とよく似ているため、受け入れ先となる医療機関からは負担の大きさを訴える声も出ている。県は冬の流行期を前に、インフルのワクチン接種に加え、手洗いやマスク着用などの対策を取るよう呼びかけている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る