熱海国際映画祭の混乱検証 市が第三者委員会設置 坂井元広島地検検事正など4氏

昨年6、7月の第1回熱海国際映画祭で多額の赤字が発生し、今年も運営を巡る混乱が相次ぎ、開催1カ月前に市が主催する実行委員会から脱退した問題を受け、熱海市は7月19日、経緯などを検証するための第三者委員会を16日に設置したと発表した。

映画祭と利害関係のない弁護士3人と公認会計士・税理士1人の計4人で構成。委員長は元広島地方検察庁検事正で弁護士の坂井靖氏が務める。関係者の聞き取りや経理書類、銀行口座の入出金などを確認し、11月までに最終報告書を取りまとめる。

第1回の同映画祭では、2018年9月に実行委員会を市などと構成する映画運営会社フォーカス社の髪林孝司代表取締役が赤字額を61万円と公表したが、2019年5月に1400万円に膨らんでいたことが発覚。第2回同映画祭の市の補助金500万円を目的外の第1回分の支払いに回し、それでも未払金を解消せず、市と実行委員会を相手に返還を求める民事訴訟が予想されたことなどから、市と髪林氏が対立。市は髪林氏を実行委員から解任して、市中心に開催を目指したが、応募作品を入手できず断念。フォーカス社が独自に開催した。(熱海ネット新聞)

■第三者委員会  委員長=坂井靖弁護士。元広島地方検察庁検事正。第一東京弁護士会。中大法卒▽委員=岩崎晃弁護士。第一東京弁護士会。東大経卒。▽委員=安藤知史弁護士。第一東京弁護士会。早大法卒。▽委員=吉田猛公認会計士・税理士。吉田公認会計士事務所(東京都千代田区)。法大経営卒。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る