【社会】1日漁師体験、子供たちがヒラメの稚魚放流 

大熱海漁協(石井勝夫組合長)は4日、熱海湾・曽我浦の沖合にヒラメの稚魚を放流した。同漁協青年部が4月23日に御前崎市の県温水利用研究センターから運び込んだ3センチほどの稚魚1万5000尾を熱海港の水槽で中間育成し、10センチほどまで育ててきた。

第二小学校の5年生35人が2隻の漁船に乗り込み、1日漁師体験をした。熱海港で県水産技術研究所の野田浩之上席研究員からヒラメの生態について説明を受けた後、曽我浦へ出発。”漁場”へ着くと船の上から小さなバケツに入れてもらった稚魚を「大きく育ってね、バイバイ」などと放流した。

ヒラメは1日に約1ミリ大きくなり、1年後には30センチに育つ。毎年10センチほどに成長し、雄は2年で、雌は3年で成魚になり産卵する。同漁協では32センチを超えたものを漁獲していくが、およそ1メートルに育ったヒラメもあるという。
放流は天然ヒラメの増加と熱海市民やホテル・旅館などに安定供給するために毎年続けられてており、伊豆地域で年間10~20トンが水揚げされる。

この日は熱海湾に5000尾放流し、5日は伊豆山小の4年生、5年生の22人が1日漁師を体験する。伊豆全体では年間、4~9万尾が放流される。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

75

8

放流

4 9

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
  2. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

    西武グループのプリンスホテル(本社・東京都豊島区)は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、…
  3. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

    熱海市は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の第2弾として「市民向け宿泊プラン」を実施す…
  4. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
ページ上部へ戻る