【社寺】徳川家ゆかりの藤森稲荷神社で秋季例大祭 熱海の繁盛を祈願

熱海市立図書館正面の高台に鎮座する藤森稲荷神社の秋季例大祭が24日、同神社であった。雨宮盛克宮司の祝詞奏上に続いて、氏子総代の加藤則夫氏をはじめ、氏子、地元住民らが玉串を捧げ、家内安全や熱海の商売繁盛などを願った。同神社は、京都・藤森神社の本殿東側に鎮座する藤森稲荷神社の分社で、商売繁盛や長寿、厄除けの神様として崇敬されている。

◇藤森稲荷神社 江戸幕府3代将軍・徳川家光は大湯の温泉で湯治した家康にならい、来宮神社の南にあたる現市役所第3庁舎の地に温泉御殿を造った。その際、表鬼門として藤森稲荷神社を建立。裏鬼門は錦町の八幡神社。屋敷内の守り神が御殿稲荷神社と伝えられている。

祝詞 客 神社 外観 碑 説明

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る