華麗な舞、第30回記念公演「熱海をどり」艶やかに開幕/熱海芸妓見番歌舞練場


熱海芸妓が1年の修練の成果を披露する「熱海をどり」が4月28日、熱海芸妓見番歌舞練場で始まった。京都の「都をどり」、東京の「東をどり」と並ぶ日本の花柳界最大の興行。第一部(午前)、第二部(午後)ともに定数一杯の250人が訪れ、立方25名、地方8名によるあでやかな花柳界の舞台を楽しんだ。29日も開催する。

節目の今年は創作囃子(はやし)「神寿之段(かんじゅのだん)」、常磐津「釣女(つりおんな)」、端唄・俗曲「三重襲(みえがさね)百花繚乱(りょうらん)」で構成。
記念演目の「三重襲百花繚乱」は、熱海芸妓の日本舞踊の師匠で、母子2代にわたって熱海の花柳界文化を支えてきた花柳あらたさんが、熱海をどり30周年を記念して創作。あたみ桜、熱海梅園の梅、熱海芸妓の「熱海の3名花」を季節の花で表現。第一景の「松」から始まり、季節ごとの「梅」「桜」「牡丹」「あだ花」「緋花」「おぼこ菊」と続き、出演者全員による第八景「百花繚乱」でフィナーレを迎えた。

芸妓衆を代表して西川千鶴子組合長(松千代さん)が「全国で花柳界が廃れていく中で熱海はまだこれだけのことができる。これもひとえに熱海市をはじめ、各団体、市民の皆様、そして熱海をどりをこよなく愛してくださるファンの皆様のご支援とご理解の賜物。これからも古きを大事にしながら次の時代への挑戦をして参りますので、この先も末永くよろしくお願い申し上げます」とお礼の言葉を述べ、全員で三本締めを響かせた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■熱海をどり 熱海芸妓見番の大改修(1990年)を記念してスタート。熱海芸妓衆が年に2日(4月28、29日)開催する熱海のGW看板イベント。入場料は一般席4千円、桟敷席1万5千円。
■主催 熱海芸妓置屋連合組合0557-81-3575












関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  2. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  3. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
  4. 2021-1-23

    文豪坪内逍遥が愛した窓辺の春景色 双柿舎のあたみ桜が見頃に

    明治の文豪「坪内逍遙」の熱海の住居「双柿舎(そうししゃ)」であたみ桜が見頃に近づいた。庭に樹齢30…
ページ上部へ戻る