「ながはまビール・フェスタ」花火大会との相乗効果2万5千人 長浜海浜公園

熱海市の長浜海浜公園の休憩施設うみえ~る長浜で8月12日、「第7回ながはまビールフェスタ」が開かれた。お盆休みと山の日の休日が重なり、午後8時20分から同公園で打ち上げられた伊豆多賀温泉海上花火大会との相乗効果でウッドデッキとイベント広場に設けられた400席は混雑。これまで最高の2万5千人(主催者発表)の地域住人や観光客が繰り出し、ビールを手に浜風を浴びながらとっておきの夏の夜を楽しんだ。渡辺周衆院議員、金井慎一郎副市長、市議、観光経済団体首脳も駆けつけ、地元市民らと交流した。
ウッドデッキに設置されたステージで、”自然郷の歌姫”で知られる黒羽京子さんがダンス曲やムード曲を40分にわたって披露すると、1980年代に青春を謳歌した人たちが曲に合わせて次々にダンス。続いて地元上多賀のアコースティック・オヤジバンド「昭和パラダイス」(渚のオールスターズから編成替え)がオールディーズや昭和ポップスを演奏。歓声と拍手に包まれた。
会場ではキリン一番搾りの生ビールをはじめ、酎ハイ、ソフトドリンク、かき氷が飛ぶように売れ、焼き鳥、枝豆、網代イカメンチなどのつまみが人気を集めた。年々高まる長浜ビーチの人気に多賀観光協会の山田哲也会長は「ビール・フェスタは灯篭流しと百八体焼きがある16日にも開催します。風流な南熱海のお盆行事を楽しんでください」と来場を呼びかけた。
(熱海ネット新聞)
■主催=ながはまビールフェスタ実行委員会、多賀観光協会(0557ー67ー2255)
■ステージイベント
<8/12>
• 17:15~ 長澤ピアノ・ドラム教室
• 17:55~ Ricky with FSP(ジャズバンド)
• 18:45~ 黒羽京子・ライブステージ
• 19:30~ 昭和パラダイス(親父バンド)
• 20:45~ ジョイントライブ(昭和パラダイス&黒羽京子)
<8/16>
• 17:30~ 田中みどり(ポップス)
• 18:35~ 目黒ひとみ・ライブステージ
• 19:40~ YAMATO & リトル清原 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る