温泉文化のプロモーションや観光財源を要望 全国温泉所在都市協議会

齋藤栄市長が会長を務める全国温泉所在都市協議会の秋季会議が11月13日、東京・千代田区の都市センター会館で開かれ、全国17市の市長が出席。冒頭、齋藤市長が「温泉所在都市を含む観光地は、現在、インバウンドによるオーバーツリーズムが話題になっている。このことに対応するため、ゴミ処理や消防施設の管理、公共インフラの整備などに対処していく必要があり、国に対して必要な要望を行なっていかねばならない」とあいさつした。
会議では今後、政府関係機関等に要望活動を行う「税財源措置および施策に関する要望」をまとめた。
大分県別府市の長野恭紘市長からは、温泉文化のプロモーションや観光財源について研究する部会(研究会)の設置が提案され、これを承認。今後の活動方法については、会長の斎藤熱海市長と長野別府市長が中心となって検討し、事務局を通して加盟市に情報を提供していく。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る