温泉文化のプロモーションや観光財源を要望 全国温泉所在都市協議会

齋藤栄市長が会長を務める全国温泉所在都市協議会の秋季会議が11月13日、東京・千代田区の都市センター会館で開かれ、全国17市の市長が出席。冒頭、齋藤市長が「温泉所在都市を含む観光地は、現在、インバウンドによるオーバーツリーズムが話題になっている。このことに対応するため、ゴミ処理や消防施設の管理、公共インフラの整備などに対処していく必要があり、国に対して必要な要望を行なっていかねばならない」とあいさつした。
会議では今後、政府関係機関等に要望活動を行う「税財源措置および施策に関する要望」をまとめた。
大分県別府市の長野恭紘市長からは、温泉文化のプロモーションや観光財源について研究する部会(研究会)の設置が提案され、これを承認。今後の活動方法については、会長の斎藤熱海市長と長野別府市長が中心となって検討し、事務局を通して加盟市に情報を提供していく。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る