熱海の先陣切り、桜(ソメイヨシノ)が開花 大湯間欠泉前 

東京都心をはじめ、全国で桜(ソメイヨシノ)の開花が近づく中、熱海市上宿町の大湯間欠泉前、栄光熱海中央保育園の庭で3月11日、桜が開花した。高さ10メートルのこの桜は、近くに温泉タンクの施設があることなどから市内のソメイヨシノで毎年最も早く咲く。栄光熱海中央保育園の父兄や大間欠泉、湯前神社、大湯日航亭を訪れる観光客らが淡いピンクの花を愛でたり、カメラに収めたりしている。
桜は咲きだせば早く、1週間から10日程で満開を迎える。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る