無利子・無担保の「コロナ特別貸付」説明会に殺到 熱海飲食3団体

熱海市内の飲食業をサポートする飲食3団体(熱海料飲食連合会、県飲食業生活衛生同業組合、県社交業飲食業生活衛生同業組合)は4月10日、熱海商工会議所で新型コロナウイルスで影響を受けている飲食店への「支援・感染予防」説明会を開いた。
「密閉・密着・密接」を避けるため、団体ごとに時間をずらして行い、商議所職員、藤曲敬宏県議、立見修司市観光建設部次長、赤尾光一市議らから国、県、市が行う新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮した事業者への支援策を聞いた。
合わせて140人の出席者は、日本政策金融公庫などの無利子・無担保融資や売上高が前年同期比で5割以上減った中小企業に200万円、個人事業者に最大100万円の現金給付、休業補償、水道料支払いの最長6カ月猶予、納税猶予についての説明や申請手続きなどを聞き、熱心にメモを走らせた。

政府が4月7日に緊急事態宣言を発令して外出自粛を要請したことで、熱海を訪れる首都圏からの観光客は大きく減少。3月中は学生の卒業旅行などもあって何とか持ちこたえてきたが、4月は売り上げがほとんどなく、臨時閉店も増えている。多くの事業者が資金繰りなどに悩みを抱えるが、借り入れなどの手続きが煩雑で不安を募らせている。市や商議所に業績が悪化した事業者などから融資制度や現金給付の問い合わせが殺到したため実施した。

感染予防の説明では、従業員に感染者が発生した時の対応や事業継続に対する基本的なガイドラインが示された。また、熱海食品衛生協会の森田金清会長から品薄になっているアルコール消毒液の調達ができ、順次配布を予定しているとの説明があると、歓声が上がった。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る