【市政】冬ボーナス支給 市長195万円、一般職は75万円 

熱海市の公務員に12月10日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。市役所の一般職員472人の平均支給額は75万1千円(平均年齢40・8歳)で前年より4万1千円増えた。特別職は市長の195万7千円(前年比12万9千円増)をはじめ、副市長164万6千円(同10万9千円増)、市議会議長121万7千円(同8万円1千円増)、市議102万(同6万7千円増)となった。
一般職と特別職、市議会議員を合わせた総支給額は3億7389万8千円で前年より1579万円ほど上回った。職員数が前年より5人減少したのと、人事院勧告による給与改定が行われたため。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る