【市政】来年度予算に3億円の重点施策推進枠、5部1委員会に各5千万円

熱海市が来年度予算に「3億円の重点施策推進枠」を設けたことが分かった。12月8日の11月定例会で竹部隆氏が「平成29年度予算編成方針について」質問。杉山勝経営企画部長は「重点施策推進枠に3億円を予算請求し、公営企業を除く、5部1委員会にそれぞれ5000万円ずつ振り分ける」と答え、「日本一の温泉観光地づくりへ向けた施策の推進と各部課長の企画立案に対するリーダーシップの向上が目的」と続けた。竹部氏は「住まうまち熱海とか、日本一の温泉観光地といった抽象的な施策ではなく、熱海発展の礎になった国内初となる温泉療養施設『噏滊舘(きゅうきかん)』を大湯間欠泉前に作る、といった風に具体的に取り組んでほしい」と斉藤栄市長に注文を付けた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る