【ゴルフ】渡邉彩香、5アンダーで首位スタート もう大丈夫、「壁」乗り越えた

◇アクサレディス第1日(24日、宮崎・UMKCC)
前週の「Tポイントレディス」2位の渡邉彩香(23)=大東建託=が、1番(パー5)からいきなりの3連続バーディー。10番(パー5)では、残り240ヤードから3Wで2オンすると、7メートルを沈めてイーグルを奪うなど初日からアクセル全開。パン・イェンホン(中国)、全美貞(韓国)とともに5アンダーで首位に立った。オフに強化した第3打のウエッジショットも冴えわたり、「上にいるだけでは意味がない。しっかり優勝を狙います」。若林舞衣子、笠りつ子、香妻琴乃、鈴木愛ら7人が4アンダーの4位。
◆ロックオン 彩香の初優勝は2014年「アクサレディス」。15年は10位、16年は2位とゲンがいい。ツアー通算3勝目を視界にとらえた。
(熱海ネット新聞)

「そんな調子じゃない」といいながら、あっさりと首位スタート。どうやら、渡邉彩香はカベを乗り越えたらしい。「パー5の4ホールだけは、すべてバーディーを獲ることが、今日の目標。調子は良くないけど、内容はまずまず良かったと思う。ティーショットが曲がる。だから、パー4でなかなかバーディーがとれません」と、この日のプレーを振り返った。
 10番、残り238ヤードの第2打を3Wでピン手前7メートルにつける。これを鮮やかに沈め、前週に続いて今季2つ目のイーグル奪取。昨年までならホールアウト後に大喜びだったはずだが、17年の渡邉はニコリともしない。「前週の2位はやっぱり悔しい。勝てなかった…。そんなことが頭の中に残っている。今まで、2位で良かったと思っていたけど、そこが去年あたりと違うところでしょうか」と話す。
 今大会は14年、優勝した相性の良さも見逃せない。18番で劇的なイーグルを決めた。「あのワンショットは一生忘れられない。18番のティーグラウンドに立っただけで、素晴らしいイメージがわいてくる」と解説する。キャップの左側面には、7つの星が刺繍されていた。「このキャップになってから、いいんですよ。でも、上位にいるだけでは意味がない。優勝です。それもたくさんバーディーを獲って。頑張ります」と誓っている。
(文・写真=LPGA)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る