【ゴルフ】渡邉彩香、5アンダーで首位スタート もう大丈夫、「壁」乗り越えた

◇アクサレディス第1日(24日、宮崎・UMKCC)
前週の「Tポイントレディス」2位の渡邉彩香(23)=大東建託=が、1番(パー5)からいきなりの3連続バーディー。10番(パー5)では、残り240ヤードから3Wで2オンすると、7メートルを沈めてイーグルを奪うなど初日からアクセル全開。パン・イェンホン(中国)、全美貞(韓国)とともに5アンダーで首位に立った。オフに強化した第3打のウエッジショットも冴えわたり、「上にいるだけでは意味がない。しっかり優勝を狙います」。若林舞衣子、笠りつ子、香妻琴乃、鈴木愛ら7人が4アンダーの4位。
◆ロックオン 彩香の初優勝は2014年「アクサレディス」。15年は10位、16年は2位とゲンがいい。ツアー通算3勝目を視界にとらえた。
(熱海ネット新聞)

「そんな調子じゃない」といいながら、あっさりと首位スタート。どうやら、渡邉彩香はカベを乗り越えたらしい。「パー5の4ホールだけは、すべてバーディーを獲ることが、今日の目標。調子は良くないけど、内容はまずまず良かったと思う。ティーショットが曲がる。だから、パー4でなかなかバーディーがとれません」と、この日のプレーを振り返った。
 10番、残り238ヤードの第2打を3Wでピン手前7メートルにつける。これを鮮やかに沈め、前週に続いて今季2つ目のイーグル奪取。昨年までならホールアウト後に大喜びだったはずだが、17年の渡邉はニコリともしない。「前週の2位はやっぱり悔しい。勝てなかった…。そんなことが頭の中に残っている。今まで、2位で良かったと思っていたけど、そこが去年あたりと違うところでしょうか」と話す。
 今大会は14年、優勝した相性の良さも見逃せない。18番で劇的なイーグルを決めた。「あのワンショットは一生忘れられない。18番のティーグラウンドに立っただけで、素晴らしいイメージがわいてくる」と解説する。キャップの左側面には、7つの星が刺繍されていた。「このキャップになってから、いいんですよ。でも、上位にいるだけでは意味がない。優勝です。それもたくさんバーディーを獲って。頑張ります」と誓っている。
(文・写真=LPGA)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-11-25

    【文化】千利休の書状と沢庵宗彭の謡本 熱海市指定文化財に追加 

    熱海市教育委員会教委は11月24日、市指定文化財(古文書および書籍)に、世界救世教(本部・熱…
  2. 2017-11-25

    【お悔やみ】星野安枝さん(網代)11月23日死去

    星野安枝さん(ほしの・やすえ)11月23日死去、95歳。熱海市網代。通夜26日午後6時。告別式27日…
  3. 2017-11-24

    【熱海の花】今年は白の冬至梅(とうじばい)、熱海梅園で一番咲きを確認 

    「もみじまつりが」開催中の熱海梅園で11月24日、早咲きの梅が花を咲かせた。昨年より6日遅く、最近1…
  4. 2017-11-24

    【編集室】色づいた庭園を一般公開 新技術開発財団・植物研究園

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園(猪狩直人園長)で1…
ページ上部へ戻る