【観光】春の風物詩、ゲンジボタル放流 6月の「ほたる鑑賞の夕べ」に


「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日~11日)で飛び交ってもらおうと、熱海市観光協会は3月26日、熱海梅園を流れる初川支流の通称「ほたる川」にゲンジボタルの幼虫5000匹を放流した。昨年7月に姫の沢公園内のホタル飼育室でふ化したゲンジボタルで、梅園町子ども会(西川雄一会長)の児童12人が体長2、3センチの幼虫をコップに入れ、双眉橋付近で「蛍ちゃん、大きくなあれ」の願いを込めて浅瀬に放った。餌となるカワニナ8キロも川に流した。
幼虫は4月20日ごろから雨の日など湿度の高い夜間に水路から光りを放ちながら陸に上がり、地中でサナギになる。その後、5月下旬から6月上旬にかけて成虫になり、羽化して夜間に幻想的な光の舞いを演じる。今春は梅や桜の開花が例年より早かったため、ホタルが舞い始めるのも早まりそうだと期待を込めた。







ゲンジボタルの幼虫

餌となるカワニナ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る