【観光】渚親水公園が青紫一色、R135は熱海ジャカランダストリート

熱海市が初夏の花として力を入れるジャカランダがお宮緑地や国道135号線沿いで最高の見頃を迎えた。青紫の可憐な花が「ATAMIジャカランダ・フェスティバル」(熱海市、市観光協会主催)み訪れた人の目を楽しませている。渚町のジョナサン熱海サンビーチ店からスパ・マリーナ熱海前(ローソン横)、ライスボールに至る歩道は「ジャカランダストリート」として人気が高い。JR熱海駅は東京、神奈川、名古屋などからこの花を目当てに訪れた観光客で終日混雑が続き、改札口や観光案内所にはジャカランダが飾られている。
熱海サンビーチにも、ジャカランダが植栽され、南国ムードを醸し出している。今月下旬まで見ごろが続く。
(写真=6月19日撮影・熱海ネット新聞)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る