【観光】渚親水公園が青紫一色、R135は熱海ジャカランダストリート

熱海市が初夏の花として力を入れるジャカランダがお宮緑地や国道135号線沿いで最高の見頃を迎えた。青紫の可憐な花が「ATAMIジャカランダ・フェスティバル」(熱海市、市観光協会主催)み訪れた人の目を楽しませている。渚町のジョナサン熱海サンビーチ店からスパ・マリーナ熱海前(ローソン横)、ライスボールに至る歩道は「ジャカランダストリート」として人気が高い。JR熱海駅は東京、神奈川、名古屋などからこの花を目当てに訪れた観光客で終日混雑が続き、改札口や観光案内所にはジャカランダが飾られている。
熱海サンビーチにも、ジャカランダが植栽され、南国ムードを醸し出している。今月下旬まで見ごろが続く。
(写真=6月19日撮影・熱海ネット新聞)








関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る