熱海も梅雨入り 咲き誇るアジサイ、最古級の「てるてる坊主地蔵」/誓欣院



気象庁は6月6日、東海、関東地方が梅雨入りしたと発表した。熱海市上宿町の古刹、浄土宗の誓欣院(せいごいん)」(長田明頼住職)では、シーズン中に七色に変わる珍しい品種のレインボーアジサイなど12種類のアジサイ約300株が見頃を迎えている。境内を散策すると、水色、白、青紫、ピンクと色とりどりの花が咲き誇っていた。
その一角で見つけたのが「てるてるぼうずじぞう(てるてる坊主地蔵尊)」。てるてる坊主はアジサイとともに梅雨の代名詞。気になって、同院の吉川宏司さんに話をうかがうと、日本最古のてるてる坊主地蔵尊の可能性が高いことが分かった。
■中山晋平が「てるてる坊主」を作曲した際に建立
江戸時代から全国的に人形のような「てるてる坊主」は珍しくないが、お寺の境内に「てるてる坊主地蔵」として設置されているのは稀有。同院の記録によれば、熱海にゆかりの深い作曲家・中山晋平さんが1921年(大正10年)に童謡「てるてる坊主」を作曲した際に、檀家で篤志家の永井家が建立し、同院が入魂。お堂は2002年(平成14年)に市内中央町のくまがや製菓の関係者が寄贈した。
■土曜日の日没から午後9時までライトアップ
満開のアジサイとてるてる坊主地蔵がともにみられるのはこの時期だけ。同院ではシーズン中、土曜日の日没から午後9時までライトアップする。昼のあじさいは、咲き誇り迫力ある花が魅力だが、夜は幻想的な雰囲気に包まれる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=6月6日撮影




七色に変わる珍しい品種のレインボーアジサイ







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-2-15

    姫の沢公園管理棟新設に2億円など総額198億円 熱海市19年度予算案

    熱海市は2月15日、2019年度当初予算案を発表した。姫の沢公園管理棟新築工事に1億4800万円、同…
  2. 2019-2-15

    市内飲食3千円クーポン券、2千円で販売 2月22日から売り出し開始

    熱海市内の飲食3団体は、市内の指定飲食店で利用できる「ナイトクーポン安いらー!!」を2月22日から販…
  3. 2019-2-14

    アイドル梅「思いのまま」見頃、梅まつりMAXステージに/熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園で、園全体で5分咲きとなった2月14日、遅咲きの「思いのまま」が見ご…
  4. 2019-2-14

    あたみ桜糸川桜まつり 期間中の人出6万7786人 前年比2万人増

    熱海市観光協会は第9回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月12日~2月11日)の人出を発表した…
ページ上部へ戻る