初島・初木神社で宵宮祭 かがり火たき、鹿島踊り奉納 厳かに幕開け

首都圏に最も近い有人島、熱海市の初木神社(熱海市初島)で7月17日夜、宵宮祭が厳かに行われた。午後8時から本殿で原嘉孝宮司と大鳥居素禰宜(ねぎ)が神事を執り行い、新藤康晴区長、氏子代表、片桐英生初島小中学校校長、大條宗一郎エグシブ初島クラブ総支配人らが玉ぐしを捧げ、明日から始まる本祭が無事務められるよう祈願した。
かがり火が焚かれた境内では、江戸時代に造られた同神社の伝統の山車を本殿前に移動し、白装束の男衆25人が鹿島踊りを奉納。島の安全や繁栄を祈った。この山車はくぎを使わずに木槌を打ちながら部材を固定する伝統技法を用いて組み立てられ、熱海の全盛期だった昭和30年代には、熱海の芸妓衆を乗せて巡行したという。
赤々と燃えたぎるかがり火が焚かれた境内では、女性たちが煙を手でかき集めるなどして、身を清めた。人口195人の島民のほとんどが参拝に訪れ、年越しのような賑わいを見せた。
女の神様「初子姫」を祀(まつ)る同神社では 島の男たちが、17日夜の宵宮、18日の本宮と2日間にわたって勇壮な鹿島踊りを奉納する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

1

2

3

4

5

原嘉孝宮司(左)と大鳥居素禰宜


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊者数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る