タンクローリーが横転 来宮駅近くの熱函道路 運転手重体 道路も大渋滞

8月8日午前6時40分ごろ、熱海市水口町の県道熱海函南線(熱函道路)で、LPガスを積んだタンクローリーが横転し、道路をふさいだ。事故の影響で同県道の「福道町–梅園前」交差点間が上下とも午前6時50分ごろから午後6時過ぎまで通行止めになり、渋滞が続いた。
現場はJR来宮駅付近の坂道のカーブ部分で函南方面から熱海市街に走っていた。沢尻交差点から市街へ向かう車は、西熱海方面(旧道)に迂回させた。
運転していた埼玉県上尾市の男性(61)は病院に搬送されたが、意識不明の重体という。熱海署は事故の原因などを調べている。
(熱海ネット新聞)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る