【コラム】熱海マルシェが路線変更、「遊彩陶房」「Casa di Spink」が人気 

海辺のあたみマルシェ(同実行委員会主催)が18日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にして行われた。

4回目となる今開催の特徴は工芸作家の作品を展示販売する「クラフトマーケット」を大幅に増やしたこと。過去最高となる54店舗の約6割が工芸品を扱う店が占めた。おかげで従来は熱海銀座通りに来遊客が集中したが、今回は陶芸、アクセサリー、小物が並んだ「寿し忠」前の浜町通りも賑わいをみせた。

 

一方、全体の人出は過去のマルシェに比べ少ないように見えた。同時間帯に「熱海ビーチクリーン」が行われていたことも影響していたのだろうが、マルシェの方向性を変えたことも見逃せない。先にも書いたように、飲食よりも芸術性に比重を移したからだ。おそらく、来訪者の減少は主催者の市来広一郎実行委員長は折り込んでいたはず。多少は客を減らしても良質の客を増やそうと…。

 

相対的に「ファーマーズマーケット」(飲食エリア)の客は減ったが、その分熱海の土を使った陶器を展示販売した「遊彩陶房」や珍しいワンちゃんグッズを扱った「Casa di Spink」には終日人だかりができた。別のクラフトブースの出店者に話を聞いても、熱海以外からも買い物客が多く、売り上げは好調だったという。これこそ主催者の狙いだったはず。

 

浜焼きやビアホールで客を呼ぶなら何も熱海銀座を使う意味がない。目先の来遊者を減らしても本物志向の、良質の熱海ファンを増やしたという意味では、今回の戦術は成功だった。

(編集主幹・松本洋二)

 

 

DSCN3285

DSCN3318

DSCN3302

DSCN3300

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る