【社寺】伊豆山神社で源実朝をしのぶ「仲秋の名月伊豆山歌会」

仲秋の名月を迎えた8日夜、伊豆山神社で「第63回源実朝を偲(しの)ぶ仲秋の名月 伊豆山歌会」が開かれた。
今年は台風14号の接近で雨に見舞われたため、本殿で開催。原口尚文宮司の神事のあと、斉藤栄市長や伊豆山温泉観光協会の関係者らが玉ぐしを捧げ、実朝の舞などを奉納した。

献歌では熱海芸妓の冴月(さえづき)さくらさんが献読。加藤登美緒さんが琴、須藤英二さんがフルートを献奏し、伊豆山にゆかりが深く、歌人でもあった鎌倉3代将軍実朝をしのんだ。

歌会には33都道府県から郵送で一般の部に305首、小学生645首、中学生780首の応募(ほかに当日投稿125首)があり、歌人の大島史洋、久々湊盈子、小島ゆかり、吉川宏志各氏が選考。午後3時半から熱海市伊豆山のハートピアホテルで授賞式と講評があった。

 

IMG_7057ssIMG_7060ss

IMG_7059s (1)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る