【社寺】秀吉の小田原遠征に貢献、馬頭観音の例大祭

網代温泉観光協会(川口健会長)は28日、熱海市下多賀の月見ケ丘で馬頭観音の例大祭(金平芳史実行委員長)を開いた。公園内の馬頭観音の前で、富西寺の小野歓芳住職が法要を営み、川口会長、駒嶺洋南熱海網代温泉旅館協同組合理事長、馬頭観音奉賛会会員ら約30人が列席。碑前で焼香し、馬の冥福を祈った。

◆馬頭観音 1590(天正18)年、豊臣秀吉の小田原征伐の際、愛馬を秀吉へ召し出した里人たちが建立した。その後、秀吉が天下統一を成し遂げたことから、念願成就などに御利益があるとされ、商売繁盛、五穀豊穣(ほうじょう)を願って例年、祭典を行っている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る