【社会】医療法人社団誠寿会の破産手続き開始

東京地裁が熱海市伊豆山の介護老人保健施設「熱海ナーシングホーム翔寿園」を運営する医療法人社団誠寿会に対し、破産手続き開始を決定したことが10日、分かった。負債総額は約6億円。

 

静岡県は昨年9月30日、誠寿会が常勤医師の勤務実態と異なる虚偽の報告をし、2011年7月から13年4月の間に介護報酬約1億4600万円を不正に受け取ったとして、同10月1日から1年間、介護報酬の請求額を5割減額する処分を下していた。

 

 

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る