【社会】医療法人社団誠寿会の破産手続き開始

東京地裁が熱海市伊豆山の介護老人保健施設「熱海ナーシングホーム翔寿園」を運営する医療法人社団誠寿会に対し、破産手続き開始を決定したことが10日、分かった。負債総額は約6億円。

 

静岡県は昨年9月30日、誠寿会が常勤医師の勤務実態と異なる虚偽の報告をし、2011年7月から13年4月の間に介護報酬約1億4600万円を不正に受け取ったとして、同10月1日から1年間、介護報酬の請求額を5割減額する処分を下していた。

 

 

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る