スーパーボランティア尾畠さん、市役所電撃訪問 支援申し出るも安全面で市が断る

「スーパーボランティア」として知られる大分県日出町の尾畠春夫さん(81)が7月8日、愛車のKワゴンで熱海市役所の災害対策本部を電撃訪問し、「警察や消防が全然、気づかない場所に危篤状態の人がいるかもしれない。そういう人に1人でも2人でも3人でもいいから手を差し伸べたい」と支援を申し出た。しかし、市は2次災害などの危険もあることに加え、現在はボランティア活動の受け入れ態勢が整っていないことを理由に申し出を断った。
これに対し、尾畠さんは「強制はしないが、72時間だろうが、100時間だろうが、そんなに簡単に人間の命なんてなくなるものじゃない。泥の中にいる人を助けてあげたかった」と無念そうに話した。
現在、市は静岡県東部の在住者に限ってボランティアの事前登録を受け付けている。すでに約2400の応募があり、状況が落ち着き次第、本格的な募集を開始するという。それまでスーパーボランティアに熱海に止まって欲しいが、どうなるか…。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る