大型施設に耐震診断 市が対策本部

大型施設に耐震診断を義務付ける改正耐震改修促進法の成立を受け、熱海市は耐震改修対策本部を設置し19日、市役所で初会合を開いた。当面は市内で対象となる27施設へのヒアリング(聞き取り)を行い現状を把握しながら、法改正の円滑な施行に向けた対策の企画・立案を行う。同法に基づく対策本部が自治体に設置されたのは県下初。

 対策本部は斉藤栄市長が本部長、田辺国治副市長、渡辺昭信観光建設部長が本部長代理となり、観光建設部、市民生活部などが構成員、観光経済課、企画財政課などが事務局を務める。設置期間は来年3月31日までだが、状況に応じ延長する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-25

    参院静岡補選 野党系・山﨑氏が当選 熱海市では自民・若林氏リード

    岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選が10月24日、投開票…
  2. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  3. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  4. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
ページ上部へ戻る