【防災】東日本大震災後に3000人がストレス死 静岡大池田恵子教授が防災講演

熱海市は24日、熱海市桃山町のMOA美術館能楽堂で「地震防災講演会」を開いた。
静岡大学教育学部社会科教育・池田恵子教授が「多様な人々の視点を活かした地域の防災対策~東日本大震災などに学ぶ」と題して講演し、長期にわたる避難所生活はプライバシー保護の問題や衛生面でストレスがたまり、東日本大震災の災害関連死は約3000人にも及ぶと警鐘を鳴らした。

斉藤栄市長をはじめ、消防団、自主防災会、地域コミュニティ会議などの関係者約300人が傍聴した。

池田教授は東日本大震災女性支援ネットワークの研修担当として地震防災に取り組み、昨年6月に静岡県が作成した「男女共同参画の視点からの防災手引書」を監修した。

イケダ教授

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る