“富士山パン” 熱海聚楽ホテルとパン樹・久遠が試作

 

熱海市の熱海聚楽ホテル(森田金清社長)とベーカリー・カフェ「パン樹 久遠」(武山陽司店主)は共同で「富士山」をイメージした菓子パンを作った。富士山の世界文化遺産登録にちなんだ試み。同ホテルは来月1日からオリジナルプランを利用した宿泊客にこのパンをプレゼントする。

パンは高さ約10センチで、富士山の形をしている。チョコチップ入りのメープル味のパン生地の表面をクッキー生地で覆い、専用の型を使って焼き上げた。てっぺんに粉砂糖を掛けて雪を表現し、溶かした砂糖でかわいらしい顔を描いている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る