【文化】巨匠池田満寿夫を体感 憧れの「満陽工房」で陶芸教室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
熱海市は9日、下多賀の「池田満寿夫記念館」と隣接する「満陽工房」で陶芸教室を開いた。市内外から集まった17人が記念館と工房を見学した後、満寿夫さんの作品を参考に手びねりによる「茶碗」の作陶を楽しんだ。山梨県富士川町の「増穂登り窯」代表の太田治孝さんが講師を務めた。太田さんは野焼き風の焼成が可能な薪窯の「満寿夫八方窯」築窯に協力するなど、満寿夫さんの作陶に深く関わった薪窯焼成研究家。
午前中は、太田さんとお弟子さん2人によるギャラリートークで池田満寿男記念館を見学した。

先生 説明説明2

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼食は桜が舞う庭園を観賞しながらでバーベキュー。満寿夫さんのパートナーで世界を舞台に活躍してきたバイオリニスト佐藤陽子さんも駆けつけて歓談。1982年12月に熱海に移り住んだ満寿夫さんは、1986年12月、新たに取り組み始めた作陶の場として下多賀に工房を構え、満寿夫の「満」とパートナーの佐藤陽子さんの「陽」をとって『満陽工房』と名付けた。池田満寿夫記念館は1990年にに建築したギャラリーで、満陽工房で作られた陶の作品を中心に版画、書、ブロンズなど常時約60点が展示されている。

華吹雪昼食

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

陶芸体験は満寿夫さんが実際に作陶していた満陽工房で行った。参加者は満寿夫さんの作品などに触れたり、書棚の作品集をながめたりしながら、感じたイメージを土で表現した。作品は山梨県富士川町(旧増穂町)の満寿夫八方窯で焼成後、参加者に引き渡される。

1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る