【市政】寄贈カレンダーの無料配布に希望者殺到 開場前から120人の列

ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェアが7日、熱海市総合福祉センターで開かれ、来場者は1人2点まで好みのカレンダーを選んで持ち帰った。

カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布する事業で、市と県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから1332点の2014年版カレンダーが寄せられた。

今年で16回目の人気のフェア。開場の午前10時には希望者がどっと押し寄せ、120人の列ができたことから入場整理券を配り、30人ずつに制限する調整を施すほどの盛況ぶりだった。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る