【五輪】葛西率いる日の丸飛行隊にエール ソチ市ゆかりのツツジの前でメダル獲得を祈念

 

 

熱海市は18日未明のソチ五輪団体ジャンプに備え、冬季五輪が開催されているソチ市とゆかりのあるツツジの前で、熱海市が作ったメダル獲得ボードに羽生結弦選手の金メダル(フィギュアスケート男子シングル)を追加。男子ラージヒルで銀メダルを獲得した葛西紀明選手率いる日の丸飛行隊にエールを送り、メダル獲得を祈念した。

 

親水公園渚デッキにあるこの1本のツツジは、1973年5月に当時のボロンコフ・ソチ市長が日ソ親善協会(当時)の招きで熱海を訪問した際に植樹したもの。プレートには「ロシア(旧ソビエト連邦)ソチ市長 来熱記念植樹」「オオムラサキツツジ 昭和48年(1973年)5月22日」と刻まれている。

当初、お宮緑地に植えられていたが、昨年来の遊歩道整備に伴い、現在の場所に移植された。

注目の団体ジャンプでは、日本は4人全員がK点超えのジャンプに成功。長野五輪以来4大会、16年日りのメダル(銅)をゲットし、メダル獲得ボードに名を刻むことになった。

(編集主幹・松本洋二)

◇熱海市とソチ市 1963年、3人の市議有志がロシア屈指の温泉観光都市であるソチ市を訪問。以降交流が続き、ソチ市から姉妹都市提携の申し出があったが、当時の社会情勢から実現しなかった。

オオムラサキツツジ

ソチ市長プレート

【写真】熱海市広報課

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-11-28

    花火効果で11月の宿泊客数 コロナ禍以前2019年の9割まで回復

    熱海湾で11月27日、秋季熱海海上花火大会を開催がされ、午後8時20分から20分間にわたって3千発が…
  2. 2021-11-28

    【お悔やみ】青木千鶴子さん(熱海市和田町)11月25日死去

    青木千鶴子さん(あおき・ちづこ)11月25日死去、82歳。熱海市和田町3の4。通夜28日午後6時。告…
  3. 2021-11-27

    熱海梅園もみじまつり、最初のピーク突入 グラデーション鮮やか

    もみじまつり(11月14日〜12月5日)が開幕して3度目の週末をとなった11月27日、熱海梅園では園…
  4. 2021-11-27

    熱海土石流で市長、自身の責任認める 責任の取り方は第三者委に委ねる

    熱海市の齋藤栄市長は11月26日、市役所で会見し、伊豆山地区の大規模土石流の被害を甚大化させた(26…
ページ上部へ戻る