【医療】インフルエンザ「警報レベル」に 静岡県が警報

静岡県は6日、県内でインフルエンザの流行が拡大し、「警報レベル」に入ったと発表した。
今月2日までの1週間、139の医療機関でインフルエンザと診断された患者数は4479人となり、前週よりおよそ1000人増えた。1医療機関あたりの患者数が32.22人となり、大流行が発生しているおそれを示す「警報レベル」の30人を超えた。

今後1週間から2週間でピークを迎えるとみられ、渡辺耳鼻咽喉科・アレルギー科クリニックの渡辺 修一院長は、手洗いなど予防を徹底するとともに、せきなどの症状が出た場合は早めの受診を呼びかけている。

(熱海ネット新聞)

 

なべイラスト

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る