【編集室】ただ今”ワンコ人口2600人”  犬の住みやすい街「熱海」

 

熱海市は11日までの3日間、市内17会場で狂犬病の予防注射を実施した。

同注射は、生後90日以上の飼い犬に、毎年1回義務付けられている。愛犬を登録(登録料3000円)すると市役所から愛犬カードが(手帳)が支給され、注射料は3400円。

市によると、現在およそ2600頭のワンちゃんが登録されているという。人口3万8808人の熱海市の世帯数は2万1358。ざっくり計算すると8軒に1匹飼っている計算。いや、知人や周囲の家族を見回すと、もっと多いのではないか。

今年度の熱海市の小学校の新入生は167人、同中学は206人。いかにワンコが多いかが分かる。

少子高齢化の反動なのか、これほどワンちゃんが多い街も珍しい。青い海と緑の山があり、四季を通じてカラフルな花が咲く熱海は、散歩コースに恵まれ、犬にもまた住みやすいという事なのだろう。

人口減少で悩むなら「犬の住みやすい街」を大々的にPRし、定住促進するのもいい。今般、市はランニング、ウオーキング愛好者を観光誘客につなげようと「熱海ランニングマップ」5000部を無料配布したが、市街には飼い主と一緒に飲食できる店もあり、「ワンちゃんお散歩ランニングマップ」製作も一考に値する。

(編集主幹・松本洋二)

 

リッツちゃん

 

めぐワンコ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-7-2

    「こがし祭り」お囃子の稽古スタート  夜の熱海に太鼓と笛の音色響く

    (さらに…)…
  2. 2022-7-2

    アカオビルがリニューアル 熱海ティーとチーズケーキの店「CHAPORTE」

    創業97年の「アカオ商店」(熱海市田原本町、赤尾光一代表) は7月1日、JR熱海駅前の「アカ…
  3. 2022-7-1

    参院選 若林洋平氏、熱海で「20代〜30代若手と語る会」SNSで無党派層強化

    参院選(7月10日投開票)の静岡選挙区に自民から立候補している若林洋平氏(50=公明推薦)は…
  4. 2022-7-1

    山田治雄・熱海市議が死去 95歳、日本最高齢の市議会議員

    日本で最高齢の市議会議員だった熱海市議の山田治雄(やまだ・はるお)氏が7月1日午前0時30分ごろ、入…
ページ上部へ戻る