【市政】差し押さえ55件などで4973万円徴収 今年度2回目の市税滞納整理

熱海市は、滞納整理のため実施した2015年度2回目の市税等特別滞納整理の結果を公表した。対象税額9億6683万7990円に対し、本税4973万42円を徴収した。徴収率は、5・1%(前年度5・9%)。延滞金などを含めた徴収総額は6152万9909円。滞納処分件数は、差し押さえ55件(債権49件、不動産6件)。以前に差し押さえた分を含め78件を換金し、574万9451円となった。
今回の特別滞納整理は、昨年11月9日から27日の平日14日間で実施。市税務課職員18人が、2648件を対象に市税、国民健康保険税、介護保険料、保育園の債権の電話催告や差し押さえを行った。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る