【市政】26年度を5億円下回る規模、新年度予算

平成27年度の予算編成に向けた熱海市の2役ヒアリングが始まった。斉藤栄市長と田辺国治副市長が各部の要望を聴いて事業の取捨選択をするもので、初日の8日は全体説明と経営企画部との折衝があった。同ヒアリングは8日、9日と13日から16日の計6日行われ、2月中旬に来年度予算が発表される。
各部課からの要求額の合計は182億円。ここからヒアリングで175~9億円程度まで絞り組む。今年度(26年度)当初予算は183億8600万円。昨年、旧岡本ホテル跡地の用地購入を行ったことなどから、前年度予算より5億円程度下回る見込み。3大プロジェクトのピークだ25年度は約196億円だった。

◇斉藤栄市長の話 これまでの3年間は新庁舎、熱海駅前広場、新生熱海中の3大プロジェクトに大規模予算がつぎ込まれたが、27年度は住まうまち熱海づくりを本格的に進める初年度とし、徐々に比重を移していく。限られた予算をいかに有効に使い、どうしたら効果かを上げられるか、みんなで知恵を絞りたい。

DSCN6750 DSCN6752DSCN6748

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る