【市政】7.2億円減の176億6600万円 27年度一般会計予算案

熱海市は13日、平成27年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比3・9%減の176億6600万円と7.2億円減少。市庁舎、駅前広場、新熱海中の3大建設プロジェクトが完成し、建築事業費を大幅に減らした。
特別会計と公営企業会計を合わせた予算総額は、368億8832万円(同0.1%増)。
一般会計の歳入は、市税が0.4%減(4300万円)の97億4200万円。地方消費税交付金は5%減の5億6500万円。地方交付税は11.4%減(1億2000万円)の9億3000万円を見込んだ。市債は14億1190万円で13.3%(1億6500万円)増えた。
斉藤栄市長の代理で会見した田辺国治副市長は「日本でナンバー1の観光地づくり、住まうまち熱海づくり、市民のための市役所づくり-を柱に2020年(平成33年)の東京五輪を念頭に官民連携で、観光まちづくりやシティプロモーションを推進する予算」と説明した。

◇歳出の内訳 人件費40億3422万円(22.8%)、扶助費32億7530万円(18.4%)、公債費17億2164万円(9.8%)、投資的経費15億8060万円(9.0%)、補助費等10億923万円(5.7%)、維持補修費1億699万円(0.6%)、積立金5億4745万円(3.1%)、貸付金346万円(0.0%)、投資及び出資金等4億5570万円(2.6%)、繰出金18億9793万円(10.7%)、予備費3000万円(0.2%)

DSCN7943DSCN7944DSCN7945DSCN7946 DSCN7947

DSCN7938

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る