【市政】熱海駅前広場条例の一部改正など14案件 11月市議会29日開会

熱海市議会は22日、市役所で議会運営委員会を開いた。11月定例会の会期を29日〜12月20日の22日間と決め、議事日程を協議した。

初日の本会議には、本年度一般会計補正予算、駅前広場条例の一部改正、市緊急地震・津波対策事業基金条例、消費税法等の一部改正に伴う関係条例整備など、14案件が提案される。

なかでも駅前ロータリーは大型車通行止め規制が解除され、旅館、ホテルの送迎バスが占領。駅改札口のすぐ近くにあったタクシー乗り場が遠くになったことで、身障者ばかりでなく、市民、観光客からも苦情が出ている。

一般質問は12月12、13日。付託委員会は同月16日に観光建設公営企業委員会、同18日に総務福祉教育委員会。

説明

22日の議会運営委員会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る