【市議選】野田氏が立候補を取りやめ、後任は出さず

公明党熱海支部の米山秀夫支部長(57)は27日、市役所で記者会見し、4月の市議選に立候補を予定していた新人の野田秀作氏(49)が「健康上の理由で立候補を取りやめる」と発表した。現職の金子芳正氏(66)を推す声もあったが、現職中に69歳を越えてはならないという党の規定に沿って断念。党県連は時間的な問題もあることから後任候補は立てず、公明党の市議選立候補者を米山氏1人に決めた。野田氏は25日に市内和田町で後援会事務所開きを予定していたが、取りやめていた。
4月19日告示、26日投票の熱海市議選(定数15)にはこれまで17人が出馬を表明していたが、1人減り16人となった。

◇米山秀夫支部長(熱海市議) 突然のことで驚いている。1人会派より2人会派の方が発言力があり、できれば2人で戦いたかった。過去には県内の他市で同じようなケースで、公明党市議が取りこぼしたことがある。これまで以上に全力で責任を全うしたい。

noda

野田秀作氏

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る