【文化】尾崎紅葉を偲ぶ「筆塚祭」 紅葉が生前愛用した筆塚に玉串  湯宿一番地

名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(主催・筆塚保存会)が17日、熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)前の筆塚碑広場であった。

斎藤栄市長をはじめ、高橋幸雄市議会議長、橋本一実県議、森田金清市観光協会会長、市議、町内会、周辺商店街の関係者60人が参列した。

来宮神社・雨宮盛克宮司の神事に続いて、参列者は紅葉が生前愛用していた筆が祀(まつ)られている筆塚(昭和7年建立)に玉串を捧げ、威徳をしのんだ。

紅葉のひ孫の影山孝夫さん(72)も出席した。

◇筆塚保存会=東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の各町内会の保存会メンバーで構成。会長は榛葉公孝氏(湯宿一番地社長)

全体像

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る