参院静岡補選 野党系・山﨑氏が当選 熱海市では自民・若林氏リード

岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選が10月24日、投開票され、無所属新人で前県議の山﨑真之輔氏(40)=立民、国民推薦=が、自民新人で前御殿場市長の若林洋平氏(49)=公明推薦、共産新人で党県常任委員の鈴木千佳氏(50)を破り、初当選を果たした。
山﨑氏は「6月の知事選の延長戦」として川勝平太知事の支持を受け、自民候補との違いを強調。県中西部を中心に支持を広げた。
熱海市内の票は破れた若林氏が1272票上回った。
(熱海ネット新聞)
【当選=確定票】
山﨑真之輔氏(無所属) 65万789票
若林洋平氏 (自民)  60万2780票
鈴木千佳氏 (共産)  11万6554票

【熱海市=確定票】
若林洋平氏 (自民)  6155票
山﨑真之輔氏(無所属) 4883票
鈴木千佳氏 (共産)  1221票

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

ページ上部へ戻る