【文化】建築家ブルーノ・タウト深紅の情熱展 起雲閣

 NPO法人日向家熱海別邸保存会は19日、起雲閣2階ギャラリーで「世界遺産の建築家ブルーノ・タウト−深紅の情熱展」を開催した。

 旧日向別邸の地下室と、それを設計したドイツの建築家ブルーノ・タウトに関する資料などを展示し、保存会のメンバーが紹介した。熱海の名建築の資料や、昭和の熱海、多賀の写真も展示され、多くの市民や観光客が見入っていた。

◇旧日向別邸 ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一現存する建築。重要文化財。 アジア貿易で活躍した日向利兵衛が昭和8年、熱海春日町に 温泉付分譲地を購入し、昭和9年から昭和11年にかけて建てた別邸。昭和27年からは民間企業の保養所として使用されてきたが、平成16年、東京在住の女性の寄付を受け、熱海市が取得した。

 写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る