【文化】建築家ブルーノ・タウト深紅の情熱展 起雲閣

 NPO法人日向家熱海別邸保存会は19日、起雲閣2階ギャラリーで「世界遺産の建築家ブルーノ・タウト−深紅の情熱展」を開催した。

 旧日向別邸の地下室と、それを設計したドイツの建築家ブルーノ・タウトに関する資料などを展示し、保存会のメンバーが紹介した。熱海の名建築の資料や、昭和の熱海、多賀の写真も展示され、多くの市民や観光客が見入っていた。

◇旧日向別邸 ドイツ人建築家ブルーノ・タウトが日本に残した唯一現存する建築。重要文化財。 アジア貿易で活躍した日向利兵衛が昭和8年、熱海春日町に 温泉付分譲地を購入し、昭和9年から昭和11年にかけて建てた別邸。昭和27年からは民間企業の保養所として使用されてきたが、平成16年、東京在住の女性の寄付を受け、熱海市が取得した。

 写真

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  2. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
  3. 2022-5-15

    熱海海上花火大会 旅行喚起策「しずおか元気旅」効果で県外から続々

    熱海湾で5月14日、今年度3度目の海上花火大会があり、午後8時20分〜40分に3000発を打…
  4. 2022-5-14

    熱海こがし祭り「山車コンクール」3年ぶりに開催 7月15、16日

    熱海市観光協会は5月13日、新型コロナウイルスの影響で2年連続で中止していた「熱海こがし祭り 山車コ…
ページ上部へ戻る