【文化】来館者に恒例の梅の小枝プレゼント 澤田政広記念美術館

澤田政広記念美術館は30日、梅まつりの来館記念特典として、先着200人の同館・オープンカフェ利用者に「梅の小枝」をプレゼントした。

 

元館長の川口修身さんが下多賀の自宅で育てた梅の小枝で、品種は紅梅「八重寒紅(やえかんこう)」と白梅「冬至梅(とうじばい)」。熱海市の秋田生涯学習課長ら職員がつぼみがついた枝を数本ずつ新聞紙に包み、「美術館来館記念」のカードを添えて手渡した。

 

同美術館では毎年、熱海梅園の梅まつり期間中にこのイベントを実施、来訪者を喜ばせている。

(熱海ネット新聞)

 

 

メッセージ

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る