【文化】「郷愁のランプ展」開幕 澤田政廣記念美術館

 

毎年恒例の「郷愁のランプ展」が13日、澤田政廣記念美術館で始まった。澤田政廣は、生前さまざまな骨董品を収集しており、とくにランプの収集では、当時、日本でも指折りの収集家の一人。今年もコレクションの中から、政廣自慢の洋ランプと日本で独自の発達をとげた座敷ランプなどを展示している。
本来、テーブルの上に置かれて使用される洋ランプ。日本の畳文化の中で独自の発達をとげた明治期の座敷ランプ。対比すると面白い。

 

 

政廣は、ランプの持つ一種不思議な耀きと色彩、形の面白さ、ロマンティックな香りを放つ美しさに魅せられランプを幅広く収集。そのうち約160点が同美術館に収蔵されている。

明治・大正時代の郷愁を感じさせるコレクションだ。

(熱海ネット新聞)

 

 

 

◇澤田政廣(1894~1988)

本名、寅吉。文化勲章受章芸術家、熱海市名誉市民。

熱海の海辺に育ち19歳で彫刻家を志し、 高村光雲(たかむらこううん)の高弟:山本瑞雲(やまもとずいうん)に師事。93歳で没するまで、多くの木彫作品をはじめ、絵画、陶芸、版画、書など、 さまざまな芸術領域にわたり創作した。

◇開催期間
5月13日(火) ~ 7月13日(日)

 

ランプ青 ランプ赤

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-29

    熱海市で新たに21人がコロナ感染=1月29日

    静岡県と熱海市は1月29日、市内で21人の新たな感染が確認されたと発表した。県全体では1603人。前…
  2. 2022-1-29

    土石流を旧長浜海岸に搬入 高潮対策と公園緑地化を国交省に要望

    熱海市の齋藤栄市長と地元選出の勝俣孝明衆院議員(自民党)らがこのほど、国土交通省に泉田裕彦国土交通大…
  3. 2022-1-28

    熱海市のホテル旅館、従業員対象に無料PCR•抗体検査 3000人分確保

    新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、熱海温泉ホテル旅館協同組合(63施設、森田金清理事長)は2月1…
  4. 2022-1-28

    熱海市で新たに16人がコロナ感染 保育園1園を休園措置=1月28日

    熱海市教育委員会は1月28日、市内の保育園の1クラスで新型コロナウイルスの感染者が確認されたため、1…
ページ上部へ戻る