【梅桜】熱海梅園の476本全梅にPPV感染予防検査 青梅市「梅の公園」では1260本伐採

 

 

熱海市が梅の木を弱らせる「プラムポックスウィルス」(PPV)の感染予防に乗りだすことになった。13日の議院運営委員会で田中秀宝議員の「PPB感染の予防に予算を計上すべきだ」の要望に、先月、斉藤栄市長に代わって梅サミット会議(青梅市)に出席した田辺国治副市長が「葉を切る5月にチェックして感染を予防したい」と答えた。

 

このウィルスに感染すると、梅の葉に輪紋が生じ、感染の拡大を防ぐには、感染した木を伐採するしかない。
伊豆半島や静岡県ではこれまでのところ感染は発見されていないが、神奈川県など全国的に広がりを見せており、全国有数の梅の名所「青梅市うめの公園」(東京都青梅市)では、昨年6月の調査で39本の感染が判明。国が定めた感染拡大防止の方針に従い、今年の梅シーズン終了後に園内の1260本余りをすべて伐採する。
約40年前から続く青梅梅園の「梅まつり」には毎年10万人が訪れるが、伐採により、植物防疫法の規定で国が3年間、感染がないことを確認しなければ、新たな梅の木は植えられないことから、当面は見納めとなる。

 

熱海市も対岸の火事の出来事とは放置できず、感染予防に着手した。
(編集主幹・松本洋二)

 

◇梅サミット 梅の名所を持つ自治体が年1回集まり、梅を生かした観光文化の振興と梅関連産業の発展を図る。平成7年度の熱海市の開催が最初。熱海市、伊豆市(静岡)、小田原市、湯河原町(神奈川)、太宰府市(福岡)、みなべ町(和歌山)、知多市(愛知)、奈良市、水戸市、安中市(群馬)、越生町(埼玉)、青梅市の計12市町が加盟。

 

梅見本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-7

    【お悔やみ】岡田カズ子さん(熱海市網代)12月5日死去

    岡田カズ子さん(おかだ・かずこ)12月5日死去、80歳。熱海市網代412。出棺8日午後2時、JAホー…
  2. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  3. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  4. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
ページ上部へ戻る