【社会】熱海市に今年初の「虹」と「雹(ひょう)」

春を思わせる青空に恵まれた6日、熱海市街は午後4時過ぎから突然に厚い雲に覆われ、雹(ひょう)混じりの強い雨が降った。熱海湾の洋上は青空がのぞいたままで、今年初めての虹が現れた。前日は山間部で雪が降り、一夜明けたこの日は春らんまんの陽気。夕刻にはおよそ30分のゲリラ雨。そして虹。熱海駅近くで雨に遭遇した観光客らは不思議そうに天を仰いでいた。

DSC_8942ss DSC_8934pss (1) uki

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る