【社会】措置入院4年間にわたり放置 熱海健康福祉センターの県職員

静岡県はは22日、熱海健康福祉センター福祉課に勤務していた班長級の男性職員(53)が、措置入院患者に必要な費用徴収手続きを4年間にわたり一切放置していたと発表した。この職員を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分、当時の上司3人を文書厳重注意などとした。
措置入院は自傷他害の恐れがある精神障害者らに対し、精神保健福祉法に基づき、都道府県が入院を命じることができる制度。当事者や家族の収入に応じて費用負担が生じ、今回の不適切処理は一連の手続きで起きた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る