【社会】初島の事業所でデング熱患者 県内2人目

静岡県は18日、熱海保健所管内の20代の男性がデング熱に感染していることを確認したと発表した。男性は9月10日に勤務先の初島の事業所で発熱や頭痛の症状を訴え、16日に医療機関で受診したところ、デングの感染が疑われ、県環境衛生科学研究所の検査で感染が確認された。男性は11日から自宅療養中で快方に向かっているという。

男性は9月上旬に都内を訪問しており、その際に感染したと思われるが、男性が「9日と10日に勤務中に蚊に刺された」と話していることから、二次感染予防のため、熱海市と勤務先の事業所では蚊の行動範囲とされる半径100メートルに薬剤を散布した。19日も初島の各所で蚊の駆除を実施する。

今後、国立感染症研究所で詳細な遺伝子解析を行い、感染経過を調べる。県内でデング熱感染が確認されたのはこれが2人目。

IMAG1146 (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る