【社会】熱海駅のランドマーク消える 三角屋根の大時台

新駅舎の新築工事に伴い、旧駅舎の取り壊しが進行している熱海駅で21日夜、駅正面の三角屋根に設置されていた時計台がショベルカーで取り壊された。一夜明けた駅前広場からは新幹線のプラットホームや桃山の街並みがくっきり。長年、この大時計を見ながら、駅構内に駆け込んだ利用者も多く、消えたランドマークを惜しむ人が感慨深く見入っていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠景

夜間工事 深澤良

21日夜の工事=深澤良さん撮影

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催される8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  2. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  3. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  4. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
ページ上部へ戻る